番外編【生物の違いシリーズ】どう違う?同じ?あの生き物たち①

と、「この生き物とあの生き物ってどう違うんだろう?」と思うことって月1くらいの割合でありますよね?

あれ?無い?(笑)

まぁ、勢いだけで【生物の違いシリーズ】①を決行します!

次の生物の違いを説明しなさい。

 

①ヤモリとイモリ

②チョウ(蝶)とガ(蛾)

③イルカとシャチとクジラ

④細菌とウイルス



もはや、「そんなのどっちでもいいよッ!」とか「どれも同じだよッ!」という声が聞こえてきそうだが、、、

知りたい!と思っている1割くらいの読者の為に(笑)答え合わせ!

 

①ヤモリとイモリは「分類が全く異なる」

このサイト内でも何度か触れているが、

 

ヤモリ『ハ虫類』であり、夏の夜、ガラス窓や網戸に張り付いているのはお馴染み。

 

イモリ『両生類』であり、日本ではアカハライモリが有名で、水田や小川に棲息している。

 

他にも紹介したい多くの違いがあるのだが、やはり一番の違いは「変態するかどうか」であろう。

 

ヤモリは陸上で一生を過ごすが、イモリはカエルと同じく生涯で幼生(おたまじゃくし)→成体(手足が生え、陸上へ)という変化を経る。

 

※ちなみに、ヤモリは「家守(家を守る)」、イモリは「井守(井戸を守る)」と漢字で書く。

 

②チョウ(蝶)とガ(蛾)は「明確な違いは無い」

チョウもガも同じ『昆虫』の仲間である。実はこの二匹に「大きな違いは無い」というのが通説だ。

 

「チョウは鮮やかな体色、ガは地味な体色」

 

「チョウは羽を閉じて止まり、ガは羽を広げて止まる」

 

「チョウは昼間活動し、ガは夜行性」

 

などという考え方があるが、いずれも必ずしも当てはまるというわけではない。

 

鮮やかな体色のガもいれば、羽を広げて止まったり、夜行性だったりするチョウもいるのだ。

 

③イルカとシャチとクジラにも「明確な違いは無い」

3種類とも海棲ホ乳類であるこれらは、実は「体長(大きさ)だけで区別」されている。

 

体長が5m以下くらいの小さいものをイルカ、5~9mくらいまでのイルカよりワンサイズ大きいのがシャチ、それより更に大きいものがクジラと言われる。

 

しかしながら、この体長での区分についても様々な数字が挙げられており、専門家の中でも色々な意見(体長以外の違いなど)が飛び交っているようだ。

 

この結論確定には、まだまだ時間がかかりそうだ。

 

④細菌とウイルスは第一に「生物と非生物という圧倒的な違いがある」

細菌は「生物」に該当し、ウイルスは「非生物」と考えることができる。

 

そもそも「生物」の定義は、『細胞を自己複製できること(自分で細胞を増やせること)』である。

 

納豆菌や乳酸菌など「人間の生活の中で役立つ」ものと食中毒を引き起こす大腸菌のように「ヒトに悪影響を与える」ものがある『細菌』は、

 

細胞と遺伝子を持ち、自ら増殖することができる「生物」と言える。

 

その反面、インフルエンザウイルスやノロウイルスでお馴染みの『ウイルス』は、

 

DNAやRNAといった遺伝子は持つのだが、構造としての細胞を持たず、他の細胞に寄生し増殖していく(自身のみでは増殖できない)「非生物」と言えるのだ。

 

医学の側面でも、打倒細菌!の「抗菌薬」はあれど、「ウイルス自体を滅する薬」は一般的に存在しないという違いがある。

 

さて、いかがだっただろうか。

生物分野に限らず、普段は意識しないような『違い』を調べたり考えてみたりすることは、意外と興味深いものだ。

例えば、筆者の好物でもあるが、「唐揚げ」「竜田揚げ」「フライドチキン」の違いとか(笑)

【生物の違いシリーズ】パート②も検討中。

乞うご期待!