【ポリプテルス・エンドリケリー】4億年の時を経て、今日も水底でじっと君を待つ

「ポリプテルス」は「生きている化石」と呼ばれ、気が遠くなるような遥か昔、約4億年前の古生代デボン紀に誕生した。

ドラゴンのようなギザギザの背ビレを持ち、ウナギのような細長い体を持つ、びっくりデザインの淡水魚。

幾つかの種類が存在するのだが、その中でもエンドリケリーは、野生下では全長70cmにもなる大型タイプである。日本の熱帯魚ショップでも購入可能。

飼育下では、思わず、

「ザ・ワールド!!」

と叫びたくなる程、時が止まったように底砂の上で、アホ面のまま、地味な体色でじっとしているので、

可愛らしくひらひら泳ぐグッピーや色彩鮮やかな海水魚のような一般的な観賞魚としての要素は、皆無である。

その反面、時折、突然何かを思い出したように、踊り泳ぐ。



と批判じみたことを並べつつも、筆者は十数年前、ポリプテルスの種類を何匹か飼育していた経歴を持つ。

当時高校生だった筆者は、夜中になると暗い部屋の中で独り、ライトの点いた水槽のガラス面に顔を近付ける。

そして、微動だにしない彼らを、こちらも微動だにせずじっと観察する。

その時間こそ一番の幸せだった。

 

、、、そう、この頃から既に筆者の変態的趣向は芽を出し始めていたのである。

分類
動物界 Animalia
脊索動物門 Chordata
亜門 脊椎動物亜門 Vertebrata
条鰭綱 Actinopterygii
亜網 分岐鰭亜綱 Cladistia
ポリプテルス目 Polypteriformes
ポリプテルス科 Polypteridae
ポリプテルス属 Polypterus
ポリプテルス・エンドリケリー P. endlicheri endlicheri
学名

Polypterus endlicheri endlicheri

(Heckel, 1847)

英名

Saddled bichir